【ガチ検証!】美容師の頭に泡カラーとサロンカラーをしたらどうなるか!?

お役立ち情報

スポンサーリンク

皆さんが気になるところを突っ込んでみました。

僕はよくお客様に、

yoshikiandoh
ホームカラーは髪の毛のダメージに繋がって色持ちも悪くなるので辞めときましょう。

とお伝えしています。

もちろん、白髪染めのお客様でどうしても根元が気になるから、美容室に行く間にホームカラーで根元だけ染めてるというお客様もいらっしゃいます。

そこで僕は考えました。

『ホームカラーは良くないですよ!ダメージになるから辞めてくださいね!』とはお伝えしてますが、実際に僕自身はホームカラーはした事がないのです。

これではダメだ!お客様に言う前に自分でやってみなければ!!

と思い、ホームカラーを買いに行きました。

初めてしっかりと見たホームカラー売り場には本当にたくさんの種類が置いてました。

“こんな中から選べんわ。。。”

と思ったのですが、僕の担当のお客様は圧倒的にアッシュ系の髪色の方が多いので、ここはやはりアッシュで実験をしようと思いアッシュ系を購入しました。

僕自身の髪質も書いておきましょう。

太さ:細い
硬さ:柔らかい
毛量:少なめ
ダメージ度合い:毛先に向かってダメージ大
※所々の毛先にハイライトも入ってる
カラーの染まりやすさ:かなり染まりやすい
頭皮:敏感、荒れやすい

これを元に左右で泡カラー(ホームカラー)とサロンカラーに分けて染めて行きます。

では、まずBeforeの状態を。

こちらが泡カラーをする方のサイド。

こちらがサロンカラーをする方のサイド。

では、早速実験について書いて行きましょうか。

カラーの置き時間はサロンカラー20分、泡カラーが30分とあったので先に泡カラーからスタートします。

最近の泡カラーはこんな感じのものが入っていました。

この2つをカップに入れて、このようにシェイクすれば出来上がり。

それでは塗って行きましょう。

泡カラーは思ってたよりも簡単に塗れました。ただ、やはり根元の調整や頭皮につかないように塗るのは難しいですね。

また、完全に髪の毛に馴染ませようと思って揉み込むとより頭皮に付きやすくなります。

〜ひとまず泡カラー終了〜

左サイドのサロンカラーは泡カラーの色味に合わせて調合したものを使います。

こちらのサロンカラーに関しては、美容室でしか染めることは無いので、ケアリスト中尾に塗ってもらいました。

〜サロンカラー塗布終了〜

泡カラー

サロンカラー

置くこと、30分。

シャンプーをして行きます。ここでケアリスト中尾から一言。

中尾
シャンプーしてるだけで泡カラーの方の引っ掛かりがかなり強いです。

やはり、泡カラーはダメージが強いのでしょうか??シャンプーをされてる体感としても右側だけかなり引っ掛かりがあるように感じました。

シャンプー、タオルドライ後の状態

シャンプー後はサロンカラーのツルッとした手触りに。
泡カラーは、頭皮のツッパリ感とかゆみ、髪の毛は絡みやすくなり”ガシッ”としました。

それでは乾かして行きましょう!

今回はヘアビューザーなどは使わずに普通のドライヤーで乾かします。最後に冷たい風も当てずに純粋に乾かしただけです。

それでは、結果発表!!!

スポンサーリンク

まずはサロンカラー


そして、泡カラー


このような仕上がりになりました。

どうでしょうか??写真だとあまり伝わりにくいかと思いますが、やはり泡カラーの方は毛先のパサつきが大きく出たように感じます。

また、両方とも頭皮には付けないように塗ってたのですが、どうしても泡カラーの場合は多少ついてしまうのでカラー中はかゆみが出てました。

そして、カラー終わりに頭皮チェックをしてみると、

サロンカラー

泡カラー

泡カラーの方は全体的に赤みがかった頭皮になっていて、頭皮につけないようにしていても、やはり完全につけないのは難しいです。

一方、サロンカラーの方は美容師に塗ってもらったので全く頭皮につくことも無かったので痛みやかゆみは全くありませんでした。


こうして比較した時には、やはりサロンカラーが圧倒的に髪が綺麗になるなという感想です。

ここで僕が感じた泡カラー、サロンカラーのメリットデメリットをまとめましょう。

泡カラー

メリット
安い(今回は698円)
手軽(準備から塗り終わりに10分くらい)
簡単

デメリット
髪の毛のパサつき
ダメージ
色の薄さ
薬の塗布の調節ができない
頭皮がしみる

サロンカラー

メリット
ダメージが少ない
色味が綺麗
頭皮につけずに塗れる
根元と毛先で調合ができる
ツヤ感、手触り

デメリット
美容室でしかできない
泡カラーより値段がかかる

といった感じでしょうか??

もちろん、その方によってメリットデメリットは変わってくると思います。

それぞれのライフスタイルによってカラーの仕方も選んでいくといいと思います。

ただ、今回の実験を通して、僕個人が感じたのは、

yoshikiandoh
『絶対美容室でカラーをした方が髪の毛、頭皮にいい』

というところです。

サロンカラーだと、髪の毛の【状態】【色】【染まり具合】【ライフスタイル】などを含めて考慮し、カラー剤を調合します。

↓そんな一例をご覧ください↓

やはり、頭皮や髪の毛に優しくて綺麗に染めたい時にはサロンカラーを!

今回は、カラーの塗り比べをしましたが、重要なのはこの先ですよね??

・頭皮の状態
・色持ち
・ダメージ

など、少し期間を置いてからまた『サロンカラーvs.泡カラー』について経過報告もして行きますね。

サロンカラーとホームカラーの違いが少しでもわかっていただけると幸いです。

今回のこちらの実験で使用したサロンカラーは当店オススメなイルミナカラーを使っています。

※今回の実験は、僕の髪や頭皮での反応なので、他の方がやって必ずこうなるというわけではありません。ご了承ください。

==========

 

Eni -SALON&EYELASH-

〒630-0243
奈良県生駒市俵口町1377-7 生駒ビル1階
0743-73-5550

↓ ↓Eni ご予約はこちらから↓ ↓

↓Instagramはこちら!↓


↓twitter はこちら!↓

↓【LINE@】アカウントはこちら!↓
LINE@からもご予約やご質問もお待ちしております。
スポンサーリンク

この記事を書いた人

安藤 芳樹

美容学校卒業後、大阪、京都、奈良の美容室で、教育担当、店長を経験し、2019年4月より独立し、奈良生駒市に【Eni -SALON&EYELASH-】をオープン。 特にカラーとスタイリングが得意で、SNSからの指名顧客も多く、【アッシュ】【ハイライト】などを希望される方も多くなっている。 現在はスタッフ二人でゆっくりとリラックスできる空間、雰囲気の店作りに励んでいる。

美容学校卒業後、大阪、京都、奈良の美容室で、教育担当、店長を経験し、2019年4月より独立し、奈良生駒市に【Eni -SALON&EYELASH-】をオープン。 特にカラーとスタイリングが得意で、SNSからの指名顧客も多く、【アッシュ】【ハイライト】などを希望される方も多くなっている。 現在はスタッフ二人でゆっくりとリラックスできる空間、雰囲気の店作りに励んでいる。

最近の記事