年末年始で切れ味の落ちた美容師のハサミのメンテナンスを!|奈良県生駒市の美容室Eniエニー

WEBLOG

公開日:

スポンサーリンク

美容師のハサミは大切な道具

こんにちは!Eni安藤です!

1月も後半に入り、ご予約も少しゆっくりとしてきたEniです。

昨日は夕方にご予約の空きがあったので、ハサミのメンテナンスをしてもらいました。

今の僕のハサミは、

・シザー(ハサミ) 2丁
・セニングシザー(スキバサミ)2丁

 
でサロンワークをしています。

シザーもセニングもずっと使い続けてると、だんだん切れ味が悪くなってきます。前回の研ぎは11月後半にしてもらって、忙しくなる12月に備えていました。

そして、12月、1月前半を超えて多少切れ味が変わってきたかなーってタイミングでもう一度メンテナンスをしにきてもらいました。

こうして分解して、調整をしてもらっています。

ハサミの切れ味って大事?

スポンサーリンク

実はハサミの切れ味と髪のダメージって密接な関係があるんです。

そもそも美容師のハサミって基本的には一般のハサミと比べると切れ味が良いのですが、カットしていくと切れ味は落ちます。

その切れ味が落ちたハサミでカットをしていると、髪の毛のカットの断面は「切れない包丁でトマトを切った時」のように整わなくなります。

なので、せっかくカットをするなら切れ味のいいハサミでスパッとカットをする方がダメージレスと言えますね◎

そして、切れ味良くなったハサミと共に今日からまたサロンワークしています!1月後半はご予約ゆっくりしてるので、ご希望の方はご予約お待ちしております^^

↓ ↓Eni ご予約はこちらから↓ ↓

そんなハサミの話でした◎

Eni -SALON&EYELASH-

〒630-0243
奈良県生駒市俵口町1377-7 生駒ビル1階
0743-73-5550

↓ ↓Eni ご予約はこちらから↓ ↓

↓Instagramはこちら!↓

↓twitter はこちら!↓

↓【LINE@】アカウントはこちら!↓

LINE@からもご予約やご質問もお待ちしております。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

安藤 芳樹

美容学校卒業後、大阪、京都、奈良の美容室で、教育担当、店長を経験し、2019年4月より独立し、奈良生駒市に【Eni -SALON&EYELASH-】をオープン。 特にカラーとスタイリングが得意で、SNSからの指名顧客も多く、【アッシュ】【ハイライト】などを希望される方も多くなっている。 現在はスタッフ二人でゆっくりとリラックスできる空間、雰囲気の店作りに励んでいる。

美容学校卒業後、大阪、京都、奈良の美容室で、教育担当、店長を経験し、2019年4月より独立し、奈良生駒市に【Eni -SALON&EYELASH-】をオープン。 特にカラーとスタイリングが得意で、SNSからの指名顧客も多く、【アッシュ】【ハイライト】などを希望される方も多くなっている。 現在はスタッフ二人でゆっくりとリラックスできる空間、雰囲気の店作りに励んでいる。

最近の記事